髪が潤う食材や魔術

この記事をシェアする

髪が潤うシャンプー

潤いを保つシャンプー

髪の毛の洗いかたにも注目です。

まず、シャンプー。
シャンプーの前にブラッシングをしておくことで不純物を洗い流しやすくしておきます。
スタイリング剤や余分な皮脂などを洗い流しやすくするためですね。
シャンプーをする前に最初にぬるま湯で洗っておいてください。
さきほどのブラッシングとぬるま湯で逃避がだいぶ綺麗になっているはずです。
ここでシャンプーです。
シャンプーをする時は温度は38度くらいがちょうどいいです。
あまり熱いと必要な水分や油分もはがれてしまいます。
泡立てたシャンプーを髪になじませます。
できるだけ摩擦を避けることがキューティクルを守るコツです。

最後にしっかりすすげば終わりです。
シャンプーが残っていないようにしっかり洗い流してください。

髪に潤いを出す

髪に潤いを取り戻す最終手段は化学。
髪とても良い成分が入っているアウトバストリートメントです。
簡単にいうと洗い流さないトリートメントです。
シャンプーが終わってドライヤーで乾かす前につけるヘアオイルですね。

この効果は熱や紫外線、ほこりから髪を守ってくれるというものです。
髪が痛む要因は紫外線やほこりなんかもあるんです。
ですが、これを塗ることにより髪が守られるのです。
予防もできるんですね。

また、ドライヤーは最初温かい風で乾かします。
そのあと、冷たい風で乾かすとつやが出てよりよい髪になるそうです。
タオルでゴシゴシするのもNG。
摩擦で髪が痛みます。
タオルでふき取る時はきゅっきゅっとおしつけるように水分をふき取るのがよいです。



PAGE
TOP